私が注文住宅で注意した重要ポイント

注文住宅は、依頼する業者選びが重要

何もない、一から、自分の理想の家を建てることが出来る注文住宅を依頼しました。
今までお金を貯め続け、念願叶って理想貯蓄額に届いたので、早速オーダーをしようと思ったのですが、以来業者は実に数が多く、悩んでしまいます。

業者選びを間違えると、自分の思いを上手く伝えられずに、理想的な家に仕上がらないということも少なくありません。
家は一生ものの買い物であると言っても過言ではありませんので、妥協をしてはいけません。
自分にとっての理想的な部分を詰め込めることが出来るからこその、注文住宅なのです。
そのため、依頼する業者選びは、徹底的に比較を行うようにしました。

今まて建てた家の傾向や、建てた人の特徴を始め、やはり重要となるのは、料金です。
料金の比較の際には、見積もりを出してもらい、いくらになるのかどうかを事前に出してもらうことが大切でしょう。
見積もり同士を比較して、初めて料金の差額が見えてきますので、他の会社とも検討をしてみることをオススメします。
事前に金額を伝えれば、業者によっては、現金の範囲で注文をすることが出来るでしょう。

理想とお値段の現実をしっかりと考えて

理想的な家を建てようと、願いを全部取り入れる事はもちろん出来なくはないですが、当然その分、お金がかかることも忘れてはいけません。
最初、私も家を建てようとした時に、あれもやりたいこれもやりたいといろんな希望を取り柄れようとした結果、予算を大幅にオーバー。
事前に業者の方には予算をお伝えしていたため、削るポイントを相談することが出来たのですが、必要以上に時間がかかってしまったと思います。
色々とやりたい事は出てきてしまいますが、最低限何をやりたいのか、事前に優先順位を決めておくと、スムーズに見積もりを立てられるでしょう。

近代的なデザインは冷静になって考える

注文住宅で近年提案されることが増えてきたのが近代的なデザインのお宅です。
従来の家に比べて、屋根の形が特徴的であったり、アーティスティックな色合いをしていたりと、非常に個性的な家を注文する方も増えています。

モデルケースなどを見てみると、かっこよく感じて、ついつい注文をしようかと思ったのですが、そこで一度深呼吸が大切です。
何度も言うように、家は一生ものの買い物になる可能性が高いため、一時のテンションに身を任せて決めると危険でしょう。
家を建てる予定地の、周りの家の状況、本当に自分はこの家が良いのかと言うことをよく考えて、注文をするようにした方が賢明です。

デザインの面は特に、後から取り返しがつかないことがほとんどですので、十分注意をして依頼をしてください。