私が埼玉に注文住宅を建てた時のお話

KH028_72A

憧れのマイホーム

現在、私が住んでいる家は4年前に注文住宅として建てたものであり、それまではマンション暮らしでした。
マンションでの暮らしはそれなりに快適だったのですが、子供が生まれて家族の数が増えていくと不便さを感じることもありました。
子供それぞれのための部屋を用意したいと思い、さらには自分のための書斎も欲しいと思ったのです。

マンションでの生活というのはどうしてもプライベートな空間が不足してしまいます。
このまま子供が大きくなっていくと確実にストレスを感じるようになることは目に見えていました。
そこで、思い切って注文住宅を建ててしまうことによって、将来に亘って快適に暮らしていける正活の場を作ろうと思ったのです。

家を建てるならばやはり埼玉が他のどの地域よりも最適な場所だと思いました。
特にさいたま市の場合は東京まで電車で1時間もかけずにアクセスすることができて便利です。
それにも関わらずさいたま市というのは地価が比較的安くて家を建てやすいのです。

意外と自然が豊富であり、歴史や文化があり、子供の成長にも良い影響を与えると思いました。
このようにさまざまな点において家を建てるのに適しているからこそ埼玉を選んだのです。
実際にマイホームを購入した際に利用したのはこちらの会社です。
とても素晴らしいサービスを提供している良い会社であり、良い家をつくってもらいました。
>>http://www.mok-house.com/

こだわりを追求したマイホーム

マイホームを建てる際にはメーカーの方とよく話をして、とことんこだわりを追求。
リビングはできるだけ広いものを設計してもらい、それによって家族団らんが可能な空間を作ってもらいました。
それぞれのための部屋を作ってもらったので、家の中にきちんと落ち着けるプライベート空間を確保しました。

キッチンやバスルーム、トイレなどはそれぞれの家族の希望をきちんと聞いて、それぞれが満足できるようなものになりました。
家族全員で話し合いをする時間を大切にしていて、それによって、みんなが納得できる家になったと思います。
お金を出すのはもちろん大人なのですが、子供たちもそこで暮らすことになるのですから、きちんと子供たちの意見も重視したのです。

打ち合わせには時間がかかり、言い争いに発展しそうなこともあったのですが、無事住宅を建てることに成功しました。
これから長いローンを支払っていく必要があるのですが、これからもずっとここで生活をしていくつもりです。
4年経ってみても、家を建てたことにはまったく後悔しておらず、最高の家を建てられたと思っています。
家族みんなで仲良く楽しい生活を満喫しており、幸せな毎日を送っているのです。