フトアゴヒゲトカゲを飼い始めたお話

フトアゴヒゲトカゲを購入

可愛い顔をしているは虫類をずっと飼ってみたかったのですが、先日ついに購入しました。
フトアゴヒゲトカゲというは虫類で、その可愛らしい見た目に惹かれて、悩みに悩んだ末の購入。
つぶらな瞳でじっとこちらを見てくる姿をみて、購入して良かったと心の底から思いました。

初めては虫類を飼うのですが、何かと準備が必要なため、有る程度貯金をしておいたのですが、その読みが見事的中。
フトアゴヒゲトカゲそのものが2万円で、ケージ代金に2万円、他にも、シェルターや床材など、必要なものを揃えていたら、なんだかんだで8万円前後かかりました。
でも、これだけ可愛い子が我が家に来たことを考えると、安いものだなと思います。

最大で体長が60センチ近くなる個体も居るとのことで、一応120センチくらいのケージを購入したのですが、まだそこまで大きくないので、何だか広々と暮らしていてうらやましい。
私の家よりよっぽど豪華な所に住んでいるなと思います。

餌は意外と簡単

は虫類って何を食べるんだろうと最初はわからず、ちょっとびくびくしていたのですが、基本的に子供は昆虫と野菜を食べるとのことで、とりあえずたっぷりと野菜を購入しました。
後は、コオロギやミルワームも与えた方が良いとのことで、フトアゴヒゲトカゲを購入と一緒に、パッケージされている専用の餌を購入。
虫をあげることは覚悟はしていましたが、食いつきよく食べる姿を見ると、やっぱり可愛いなぁと、ついついたくさん与えてしまいました。

子供のうちにコオロギを与えると、カルシウム補給になり、くる病などの病気を防ぐ事が出来るとのことです。
栄養バランスもコオロギは非常に良い虫のため、是非とも子供のうちに食べた方が良いと、店員さんに勧められました。
ですが、生き餌の場合は、コオロギがフトアゴヒゲトカゲに噛みついてケガをさせてしまう恐れがありますので、与える際には要注意。
ピンセットなどでしっかりと持って、与えてあげることが大切だそうです。

後は野菜を中心にたっぷりと与えていきます。
小松菜や豆苗、にんじん、カボチャ、サツマイモ、大根の葉っぱなど、カルシウムやミネラルを豊富に含んで居る野菜がおすすめとのことです。
一口サイズに刻んであげて、ケージの中に入れておいてあげると、ぱくぱくと食べてくれてとても可愛いです。

このように意外と普通のものを食べてくれる上に、野菜を中心として与えれば良いので、コスパもそこまで悪くないので一安心。
大人になると週三日程度ご飯をあげれば良いという省エネの体になる事も特徴で、昆虫よりも、野菜を中心に与える分、よりコスト削減することが出来るなと思いました。