猫の餌について考えてみる

猫の餌はいくつか種類がある

たいせつな家族の1人として、可愛らしい愛嬌のある姿を見せてくれる、猫。
そんな猫ちゃんが生きていくためには欠かせないのが、キャットフードです。
猫ちゃんのご飯として特別ブレンドされているキャットフードは、猫ちゃんの安心安全を考え、猫ちゃんの体にも安心な材料が使われていることが多いでしょう。

利用する餌によってももちろん異なりますが、餌によっては、猫ちゃんの寿命の長さに関わると言えるほど、重要なもののため、注意が必要です。
猫の場合は、猫ちゃんの個体差もありますが基本的に、餌入れの中にあればある分、食べてしまう傾向があります。
ついつい食べ過ぎて太り気味になってしまうような子もいますので、飼い主さんが調整をしてあげないといけないでしょう。

ウェットとカリカリの違いは??

猫ちゃんの餌には主に、ウェットフードと、ドライフード(カリカリ)の二種類があります。それぞれにメリットデメリットがありますので、よく理解した上で、猫ちゃんにぴったりの商品を与えましょう。

まずウェットに関してですが、その名の通り、液体状の餌ご飯のことを指します。
液体ペーストに、マグロなどの魚の崩したもの、お出しなどが入っている、つるつると食べられるタイプと言えるでしょう。
猫ちゃんが好んで食べることが多いタイプで、ちょっとしたご褒美に、お高めのウェットフードをあげる方も多いようです。

病院の薬などを混ぜて与えると食べる場合も多く、病院食として利用している飼い主さんも少なくありません。
反対に、ウェットフードが体質にあわず、食べてしまうとお腹を壊す、必ず吐いてしまうという子もいますので、初めて与える場合は注意が必要でしょう。
また、特性上お値段がドライタイプより高いことも多く、ある程度の出費を覚悟する必要があります。

反対にドライフードは、カリカリと呼ばれる、固形状のフードを指します。
もっともポピュラーなご飯としても知られており、コスパよく、猫ちゃんの年齢や体型、タイプなど、様々な種類に合わせた商品が出ていることが特徴です。
初めて猫ちゃんの餌を購入するという方はこちらのタイプを用意される方も多く、程よく栄養バランスが取れ、ダイエットにも最適なタイプとして知られています。

ですが、あまりにもポピュラーすぎて、飽きてしまう猫ちゃんも多いようです。
美味しいウェットフードをあげると、ドライフードを食べなくなるという猫ちゃんもいます。

猫ちゃんによって合う合わないがあるので注意

猫ちゃんの体質、性格、その時の状況によって、ご飯の向き不向きは変わります。
猫ちゃんに合わせたご飯をあげないと、体調を崩してしまうことも少なくないため、十分注意をしましょう。