日本の自然百選に選ばれた名栗渓谷

埼玉の名栗渓谷とはどんなところ?

埼玉は東京都心のベッドタウンとして知られていますが、都市部を離れると美しい自然の宝庫という場所もあり、様々な楽しみがあるエリアです。
自然を堪能したいという人にオススメの場所として、埼玉県南西部、入間川上流の名栗川、名栗渓谷はまさしく自然の宝庫となっています。
奥武蔵自然公園に指定されている小栗渓谷周辺は、手つかずの自然が残る美しく静かなエリアです。

都心からも近いという事で多くの方が自然を身近に感じる事が出来るとして訪れ、季節を通じて色々な景色を見せてくれるこの場所は憩いの場となっています。
四季折々の風景を堪能することもできるこの場所には、山にハイキングコースがありますし、川では川遊びを楽しむことができ、温泉もあるという最高の場所です。

圏央道から入ICをおり、県道70号線を昇っていくとやがて名残渓谷に到着します。
公共交通機関も利用する事が出来るので、多くの人たちが訪れる名所です。

名栗渓谷の中でも魅力の名栗湖、有間ダム

名残渓谷には名栗湖、有間ダムという有名なスポットがあります。
名栗湖、有間ダムはそれほど大規模ではありませんが、1周約5キロ程度と、お散歩コースに丁度いい長さです。
紅葉の季節になると真赤に色づく山々をみる事が出来、春から初夏にかけては美しい新緑がみずみずしく、心が洗われるような景色を堪能できます。

湖畔ではカヌー工房があり、この知名度の高いカヌー工房には多くの方が集っているようです。
健康ブームという事もあり今自然を利用したスポーツも流行していますが、ランニングを楽しむ人、バイクでワインディングを楽しむ人なども多くみられます。
埼玉県内の人はもちろん、内外から多くの観光客が訪れる名所です。

河川広場で楽しむアウトドア

アウトドアブームとなっている現代、キャンプ道具を積み込んでバイクやキャンピングカー、またファミリーカーで気軽に自然を楽しむ人も多くなっています。
そんな方々にオススメとなるのが、名栗湖、有間ダムの下にある河川広場です。
ここはきれいに整地されている事で車、バイクで乗り入れ可能なエリアとなっていて、バーベキューを楽しむこともできます。

丁度いい大きさの川が流れているため、春から夏にかけては川遊びを楽しむ家族連れも多く、非常ににぎわっている場所です。
近くに売店があり、ソフトクリームなどを楽しめるのでお子様たちは楽しみしています。
ただこの辺りは木陰がないので、テント等日陰を作るグッズが必須です。

川の流れは穏やかで天候が悪くない時なら、安全に遊べる場所としても埼玉の方々にはよく知られています。
ちょっと自然に触れたい時に都心からでもちょっと走れば到着するので、名栗渓谷は都心に暮らす方々からも人気のスポットなのです。