さいたまスタジアム2002

アジアで最大規模のサッカー専用スタジアム

2002年にワールドカップがありましたが、その頃に建設されたのがさいたまスタジアム2002です。
こちらは現在では浦和レッズのホームグラウンドとして使われており、満員だと63700人もの観客を入れることができます。
サッカー専用スタジアムとしてはアジアで最大規模であり、Jリーグが開催されているときには連日のようにレッズ戦が開催されています。

2002年のワールドカップは日韓共催で行われたのですが、そのときには日本中に新しいスタジアムが建設されました。
その中の一つがさいたまスタジアム2002であり、こちらは2001年の7月に完成しました。
日本のワールドカップ初戦となったベルギー戦が行われたり、準決勝のブラジル対トルコ戦の会場にもなりました。

こちらは埼玉を代表するスポットとなっており、観光名所としてもおすすめできます。
最寄り駅である浦和美園駅からは徒歩15分であり、他にも浦和駅や東浦和駅などからはシャトルバスが運行されています。
そのため、試合開始前になると満員のバスが次々とスタジアムにやって来る様子が見られます。

基本的にビンやカンなどの持ち込みは禁止されているため、ゲートでは手荷物検査をしています。
スタンド内には4つのエリアがあり、横長にグランドを見ることができるのはメインスタンドとバックスタンドです。
こちらは指定席となっていることが多くて、ゆったりと観戦したい方におすすめです。

ゴールシーンはサッカーで最も興奮する瞬間なのですが、それを間近で見たいならばサイドスタンドが良いでしょう。
ただし、サイドスタンドは自由席となっているため、早めにスタンドに入らなければいけません。

さいたまスタジアム2002の楽しみ方

こちらはサッカー専用スタジアムとなっているため、当然楽しみ方としてはサッカー観戦をすることとなるでしょう。
サッカー専用となっているためスタンドから選手までの距離が近くてとても臨場感があります。
特に浦和レッズファンにとっては、聖地といえる場所であり、サッカーに思う存分熱中することができます。

日本でも一番熱いサポーターとされている浦和レッズのファンの人達と一緒に浦和レッズを応援するのはとても楽しい瞬間となるでしょう。
もちろん浦和レッズファンではなくて、ただなんとなくサッカーを観てみたいという方でも十分楽しむことができます。
家族や友人の中にサッカー好きの人がいるなら、その人と一緒に訪れてみると良いでしょう。

お子さんがサッカー好きならば、ぜひともプロのプレイを間近で子供に観せてあげると良いでしょう。
基本的に周辺には何もないため、こちらを利用する方は事前にいろいろと買い物を済ませておくと良いでしょう。
純粋にサッカーを楽しみたい方にとっては最高の環境が整っているのです。