鉄道博物館

鉄道博物館で、鉄道の歴史を学ぶ

鉄道博物館は、全国各地様々な鉄道の歴史、鉄道の仕組み、体験型のシミュレーションを通じて学習することが出来る、鉄道に関しての博物館です。
埼玉県さいたま市大成地区に建設をされたこの鉄道博物館では、大人から子供まで楽しむ事が出来る、様々な施設が用意されています。
JR東日本創立20周年を記念して設立されたこの施設では、今後も様々な施設、取り組みが行われる事が想定されています。
歴史博物館としての位置づけのみならず、今後もあらゆるイベント、アトラクションを通して活動を行う、テーマパーク的存在になる日も近いといえるでしょう。

様々な施設で鉄道を学ぶ

博物館内には様々な施設があり、それぞれの施設で、鉄道の歴史、鉄道の仕組みなど、鉄道に関する知識を身につけることが出来るでしょう。
例えば、子供に大変人気の、運転室、展望室では、実際の電車の運転席に乗り、運転体験をすることが出来るスポットとして知られています。
鉄道好きのお子様にはたまらないもので、常時公開中という事もあり、多くの方が訪れて居る人気スポットでしょう。

また、お子様に人気のスポットとして、ノースウィング 鉄博ホール内で上映されている無料シアター上映も人気。
その時によって様々な内容のシアターを見ることが出来ますので、期間を空けてからシアターを見に来ても、楽しむ事が出来るでしょう。
大迫力の大型スクリーンに写る映像に、お子様も喜ぶこと間違い有りません。

更に、音で旅する200系新幹線ゾーンでは、当時上越新幹線内で利用をされていた車内放送を体験することができるスポットを用意。
ふるさとチャイムを直接聞くことが出来る、貴重な場所といえるでしょう。

このように、鉄道にまつわるあらゆるスポットがありますので、大人から子供まで、幅広い方に愛され続けて居るといえます。

ミュージアムショップでお土産も充実

1Fエントランスゾーンでは、鉄道博物館にまつわるお土産を購入可能なショップが開かれています。
お菓子などの一般的なお土産を初め、プラレールなどの、大人から子供まで喜ぶものまで、多種多様に取り揃えられているといえるでしょう。

来館記念のお土産としてふさわしいアイテムが多く、デザインも徹底的にこだわり抜かれたアイテムが多く販売されています。

お土産の施設の他にも、困ったときに相談をすることが出来るインフォメーションセンターを初め、必要となる施設は全て揃っていますので安心です。
大人から子供まで、老若男女訪わずに楽しむ事が出来る鉄道博物館として、多くの方に利用されているでしょう。

団体受付なども行っていますので、小学校などの団体の利用も可能です。