うどん王国

実は消費量が香川の2番目に多い

日本では主に西がうどん文化であり、東がそば文化とされているため、関東地方は特にそばのイメージが強くなっています。
しかし、あまり知られていないことなのですが、実は埼玉というのはうどんの生産量が香川の次に多い県なのです。
つまり、埼玉というのはうどん王国であり、市民の食生活の中にはうどんが深く浸透しています。

埼玉県の加須市という街には加須手打うどん会が作られており、手打ちうどんの美味しいお店が40店もあります。
そのため、加須市を訪れればまるで香川に来たかのように手打ちのうどんの食べ歩きをすることができます。
うどんといえば四国の讃岐が有名なのですが、それに負けないぐらい美味しいうどんを食べさせてくれるお店が埼玉にも多くあるのです。

東武伊勢崎線に乗れば加須駅に到着するのですが、そこには市内の地図が掲示してあり、市内に存在しているうどんのお店がマッピングされています。
24軒もの手打ちうどんのお店が地図上に示されているため、これだけでも加須がうどんの美味しい地域であることがよく分かるでしょう。

埼玉の美味しいうどん

それではどうして加須にはうどんの文化が形成されているのでしょうか。
これには地元の自然や風土が影響しており、ちょうど市の北側には利根川が流れています。
水に恵まれている地域というのは米がたくさん収穫できるのですが、これは年貢として取られてしまうため、市民の食生活にとっては小麦の方が重要なのです。

小麦をどうにかして美味しく食べようとした結果として、うどんが生まれました。
江戸時代の中頃にはすでに加須市にはうどん店が登場していたことが分かっています。
個人でうどんのお店を開く人がどんどん増えていって、それが市内全域にまで広がっていったのです。

うどんといってもいろいろな食べ方があるのですが、加須の場合は冷や汁うどんがおすすめです。
これは文字通り冷たいつゆとうどんを組み合わせたものであり、さらにごまみそ風味を加えることもあります。
いろいろなお店が存在しているため、うどん好きの方はぜひとも埼玉の加須にお越しください。

それぞれのお店ごとに特徴の異なったうどんを提供しているため、飽きずにどんどんうどんを食べられます。
中には限定メニューも存在しており、早く食べに行かないとその日の分がなくなってしまうこともあります。
なす南蛮うどんといって、茄子とねぎの入った温かいつゆでうどんを食べるメニューは地元で人気を集めています。

単にうどんを食べるだけではなくて、いろいろなアクセントをつけることができるのです。
事前にどのようなお店があるのかをリサーチしておいて、どこのうどんを食べたいのかを決めておくと良いでしょう。