初めて猫を飼った時のお話

 

家を建てたおかげで増えた家族

猫好きの友達がいて、いつも友達の家に遊びに行くと猫がいるのをみて、可愛いなと思っていました。
猫を飼えばいいのにといわれていたのですが、それまではペット禁止の物件にいたため、飼うことができなかったのです。
それが埼玉に家を建てることになり、好きなだけペットを飼えるような状態になりました。

そんなときに、ちょうど友達の飼っている猫がたくさんの子供を産んだため、そのうちの1匹を引き取ることになったのです。
私も妻も、これまでにペットを育てた経験がなかったためにとても不安だったのですが、頑張って育ててみることにしました。
生まれたばかりの子猫が母猫から離れて生活していくのはストレスにならないのかとても不安でした。

友達は軽い口調で大丈夫だよと言ってくれたのですが、それでも不安な気持ちはなくなりませんでした。
急いで猫に関する本を買って、たくさん勉強をしてみた結果、何とかなりそうな気持ちになりました。
家の中に猫が来ると、子供たちは大喜びであり、家族みんなが大歓迎の状態で子猫を迎えることができました。
今ではすっかり家族の一員となっていて、楽しい生活を猫と一緒に送っています。

猫のいる喜び

猫を飼い始めのころにはいろいろと苦労もあったのですが、今ではそれらは笑い話となっています。
トイレのしつけは不安だったのですが、砂を友達から分けてもらい、それをきちんと設置したところ、ちゃんとトイレの場所を認識してくれて、キレイに用を足してくれました。
エサをあげる際にもいろいろと不安はあったのですが、子猫用のフードをきちんと食べてくれました。

猫だけを留守番させて外出するのが一番不安だったのですが、帰ってきてみるとちゃんとおとなしくしていました。
家の中が荒らされているようなことはなく、トイレも決められた位置でしていました。
猫がだんだん大きくなってくると、ときにはいたずらをすることもあったのですが、こちらがちゃんと遊んであげることによって、いたずらの数は減っていきました。

私が帰宅したときには、他の家族ではなくて猫が一番に出迎えてくれるのはとても幸せです。
私にとって猫というのは大事な家族なのですが、猫にとっても私のことをきちんと家族として認識してくれているのだと思います。
あまり過剰な愛情を注ぐようなことはやめるべきだと思っているのですが、ついつい愛情を注いでしまいます。

猫かわいがりという言葉があるのですが、実際に猫を飼ってみて、それがどういうことなのかがよく分かりました。
とにかく猫というのは可愛い存在であり、いつまでも抱きしめていたいと思わせてくれます。
これからも大事な家族の一員として、猫とは末永く付き合っていくことでしょう。