ムーミンの世界へ行こう!あけぼの子どもの森公園

あけぼの子どもの森公園で自然に親しむ遊びをしよう

なかなか外遊びが出来なくなっている現代、公園でも子供だけで遊ぶのは危険という親御さんも多いとか・・でも子供たちがその脳をどんどん活性化していくためにも、外遊びは重要です。
自然の中で考え、風や太陽の光を感じ、自然の刺激をうけて遊ぶという事は、子供の脳をぐっと成長させるといわれています。
子供たちが楽しく、自然の中で遊べるスポットとして注目されているのが、北欧の雰囲気一杯のあけぼの子どもの森公園です。

埼玉県飯能市にある子どもの森公園は、豊かな飯能の自然を存分に楽しめる、まるで異国に来たような景色があります。
大人もここに来ると思わず子供に帰ってしまうのでは?と思うくらいに楽しい公園です。

森の中にある「子供も大人も遊べる森」

森の中で遊ぶということがほぼなくなっている現代、特に子供たちは森の緑に囲まれて、森の中で遊ぶという経験が少ないと思います。
この公園はまさしく森の中にある施設なので、緑や水、風の香りを感じながら楽しむことができるのです。

静かに過ごすのが好きという子も、森の中にある図書館はまた格別な雰囲気を持っています。
絵本や児童書を読むときにも緑を感じながら読むことができ、街の中になる図書館とはまた違う雰囲気です。

イベントなどが開催される施設もあり、ここでは時期に応じたイベントが開催されています。
クリスマスのイベントやコンサートなど、楽しいイベントがいろいろと模様されるのも森の奥、その施設でも森の香りを感じながら音楽を聞いたりできるのです。

季節に応じて景色を堪能できるのも大きな魅力

メタセコイアなどの木々に囲まれている公園には、きのこ?と思うような家や、可愛い桟橋、小川がせせらぎアニメのワンシーンに入り込んだようなイメージがあります。
春には新緑が美しく、秋になると紅葉がまぶしい位です。
冬はうっすらと雪化粧を見せてくれるこの森は、現代の子供たちが見る事の出来ずにいる風景を見せてくれる素敵な場所となっています。

大人もこの森に来て、そういえばこうやって遊んだよね、こういうことしたことあるなと子供の頃に森や川、山で遊んだ記憶がよみがえってくるようです。
お子さんと一緒に童心に帰って遊ぶ大人もたくさんにいるのです。

きのこの家に入ると、図書コーナーがあったり、妖精の小部屋があったり・・・森の中にいる事を存分に楽しませてくれる要素がたっぷりあります。
とんがり屋根の家は水浴び小屋があるので、そこでも楽しむお子さんが多いようです。

公園内にはレストランや売店などがないので、お弁当などをもっていく方がいいと思います。
屋外遊具、自転車等も持ち込み禁止となっていますので注意が必要です。