ホワイトタイガーに会える!東武動物公園

東武動物公園は誰もが一度は行きたいと思う有名な動物園

ホワイトタイガー舎にライオン舎、ヒグマの森にペンギン舎、動物園の中でもこれほどの規模と沢山の動物を抱えているのは、国内で数少ないと思いますし、知名度から行っても東武動物公園はやはり代表的な動物園だと思います。

この東武動物公園は動物園と遊園地が合体しているレジャーランドとしても有名です。
夏になるとプールも楽しめるので家族連れもカップルもお友達同士でもいったことがあるという方は多いと思います。

動物園には沢山の動物たちがいて、ふれあい動物の森では動物と直接触れ合う事が出来る動物と近いエリアです。
子供たちはふだん接しない事も多い動物たちを触ったり、抱っこすることで、動物の命を直接感じる事が出来ます。

もこもこのアルパカ、愛嬌一杯のワオキツネザル、20種類もの動物たちと触れ合う時間があります。
子供たちが主人公となって動物たちとの思い出を作る事が出来るそんな場所です。

見どころの一つ、美しいホワイトタイガーがいるホワイトタイガー舎

白い動物というのは昔から神聖な生き物といわれています。
その中でもホワイトタイガーは、インドなどでみたものを幸せにするという伝説があるくらいです。
そんなホワイトタイガーをガラス展示の獣舎で間近に観察できるように作られているのがホワイトタイガー舎となっています。

ガラス越しとなっているプールではトラが水と密接な関係をもっている事を観察でき、トラの生態の意外性を理解できる場所です。
キャットウォークを利用しホワイトタイガーが三次元で移動しつつ餌を駆る姿を目の前にみる事ができ、肉食獣の迫力を存分に理解できると思います。

夏の暑い日にはその暑さから逃げるように水に入ってゆったりしているほのぼのホワイトタイガーをみる事ができ、一気に水にダイブするなど、ダイナミックな場面を見ることもできるのです。
映像の中では見る事の出来ない美しいホワイトタイガーの姿をこの東武動物公園では存分に楽しむことができます。

見どころは他にも沢山

希少種のホワイトタイガーのほかに、全120種、1200頭という動物たちが飼育されている東武動物公園は、見どころ満載の動物園です。
餌やり体験等もできるので、体験型動物園としての要素も持っています。
ご家族で行くのはもちろん、お友達同士で、また一人でゆっくり動物の姿を眺めるのも楽しいものです。

イベントなども色々と開かれていますし、猫や犬が好きな人にはわんこヴィレッジ・にゃんこハウスがあります。
一年中、幻想的な空間を作り出しているほたリウムも、世界初の劇場型施設として大人気です。
また昔懐かしい動物たちを「ふるさとの動物たち」として紹介しているのも見逃せないブースとなっています。